みどみどえっくす

元NO.1風俗嬢がゲスに真面目にエロを語る

ME TOO!脱毛!パイパンは私の至宝です。

引退をするまでは仕事に夢中でした。

Twitterの自己紹介文にも書いていますが、私は大学時代から風俗店でバイトをしており、卒業後にそのまま当時のお店に就職しています。

ですので大学を卒業してからはプライベートの時間も仕事に使い、休日はありとあらゆるジャンルのAVを朝から寝る間際まで見て過ごし、自分でお金を出して私なんかよりもっともっとプロの方にお客様に喜んでいただけるプレイを教えていただきに伺う事もありました。

ですので引退をしてから今現在は自分期間とし、自分に時間を使うようにしています。

最近でいうと午前中は予定がない限り、自宅近くのカフェで今度は自分の好きな分野の勉強をしているのですがそのカフェで今日、以前のリピーター様にバッタリと出くわしました。

三年ほどお世話になったお客様でしたので軽い会釈で別れるのも名残惜しく、あっという間に一時間ほど談笑をしたのちに別れました。

本当にお人が良く、快活な方でしたのでこちらもだいぶ元気をもらいました。

お店からは市をまたいで離れた所に住んでいる為、現役時代はどこを歩いていてもお客様と遭遇する事なんて無かったのに、出会いとは不思議なものですね。

ストーカーじゃありませんように。

 

またご挨拶が遅くなりました。こんにちは。ミドリです。

 

昨日は久しぶりに晩までAVばかりを見て過ごしました。

一日中AVばかり見て過ごすと、だいぶ神経までイヤラシくなってきます。

うんこをしてイキそうになったのは初めてでした。

近頃は禁欲、一般的にオナ禁と呼ばれるものが趣味ですので直接的なオナニーはしていません。

アイスコーヒーでじゅうぶんです。

 

midomidox.hatenablog.jp

 

 

突然ですが皆さん、パイパンって好きですか?

また更に唐突ですが、私はここ何年か、パイパンです。

理由としては、個人的にパイパンのほうが感度が格段に上がるし、見た目がもうとにかくイヤラシイからです。

そしてパイパンでイヤラシイ自分が好きすぎて濡れてきます。

私のパイパンを見て喜ぶハゲたオヤジが目に浮かびます。

ちょっぴりお茶目ですよね。いや、だいぶ変態です。

仕事柄、ことシモに関しては限りなく完璧でいたかったのと、ジョリジョリではお客様を痛めてしまいますのでセルフケアは早々にやめて医療脱毛をした次第でございます。

おかげで今はツルンツルン!幼女もびっくり!な私のお〇んこなわけなのですけれど。

実は最近、セックスに対してまぁまぁ不安なのです。

温泉に行けば必ずといって良いほど見ず知らずの方に凝視されます。

更に言えばまるで非国民かの如く扱われるようなピリピリした空気の中、顔とお〇んこを交互に見られます。

もう慣れました。

私からすれば、手入れが行き届いておらずジャングル状態のお〇んここそがタブーなのです。

W杯見なかったの?!とか言って非国民扱いしてきたあなた、あなたのカラッカラのジャングルと違って私なんてパイパンなのに熱帯雨林よ!!!アッツアツのトロットロよ!!!大洪水なのよ!!!

いっそ無人島で王者にでもなってください。

でも東京タワーのサムライブルーはそれは綺麗なブルーでした。

そして話は戻ります。プロを引退し一般人に戻った今、果たして本当にこれで良かったのだろうか困惑している次第でございます。

今はパイパンを一般的な表現として「ハイジニーナ」と呼ぶらしいですが、やはり一般的な男性の感じ方からすると、経験豊富だとか風俗嬢だと誤解されるらしいのです。

いえ、間違っていません。

私は一般的に言えば経験豊富だし、元ではありますが風俗嬢です。

むしろ正解です。

私は風俗嬢としての仕事が大好きでしたので、もしそのような場面に出くわしたとしても隠すつもりもありませんし、世間に対する後ろめたさがあったとしても決して後悔はありません。

風俗嬢としての過去が無ければ、それは私ではないのです。

ただ、パイパンであってもそうでなくても、当たり前にいつでも臨戦体制とはいかなくても、素敵な男性を見てあぁ抱かれたいとトキめかない鈍感なオンナにだけはいつまでもなりたくないのです。

ですからカミングアウトのタイミングだけは間違えたくはないですし、パイパンであることによってせっかくの雰囲気を微妙なものにしたくないのです。

私にとって「私、処女なの・・・」とか言うよりも「私、パイパンなの・・・」と言う方がよっぽど勇気がいりますし、逆に「俺、童貞なんだ・・・」と言われるのは全然良いですが「俺、パイパンなんだ・・・」とか言われても私、そんな時どんな顔をすれば良いのかわかりません。

そんな時は笑えば良いと思いますか?

それとも、「ME TOO!脱毛!やっぱ脱毛は人類の至宝!まさに科学の勝利ね!」とか言って車両をかっ飛ばすかの如く、積極的に騎乗位で身体を揺らしたほうが良いのでしょうか?

だいぶ余談ですが西の方にミートゥーとかいう脱毛専門店があるらしいですね。

こんなゲスなブログで紹介されても迷惑極まりないかと思いますが、ぜひ「ミートゥー!脱毛!」で検索を。

 

話が逸れましたが、私は仕事に対し真摯に至極真っ当に向き合ってきたつもりでしたので、相手がいない今、身体にタトゥーを刻んだ若者と同じような気持ちを持つことになるとは思いもしませんでした。

若者たちの間ではタトゥーを入れる際に、消えない十字架を身体に刻むと表現されるらしいですが、私は「ソレ」をあろうことかお〇んこに刻んでしまったようです。

いえ、後悔はしていません。

反省も、していません。

しかし失ってから初めて気付くものがあります。

恋人、友人、はたまた陰毛。

そして何かを得るには、何かを失わなくてはなりません。

それが私は快楽とイヤラシさを得るために陰毛を失っただけの話です。

受け入れてほしいと思う気持ちは、ただの我儘なのでしょうか。

恥じらい戸惑う女性を脱がせた時にパイパンだったら萌えませんか?

私がオトコだったとしたら、興奮のあまりむしゃぶりつきます。

私はハゲたオトコが好きですが、ハゲって、こんな気持ちなのでしょうか。

失った頭髪に思いをはせ、感傷に浸ることがあるのでしょうか。

だとすればハゲとパイパンはそれだけでオトモダチ、昵懇の仲同士感傷に浸りあって哀愁溢れるセックスができそうな気もします。

それとも私は金輪際、同じ穴のムジナ同士、ハゲとしかセックスが出来ないのでしょうか?

いえ、パイパンもハゲも決して悪者ではありません。

ただ理想と現実は得てして異なり、不覚にもハゲでないオトコに濡れてしまう事も充分にあり得るのです。

パイパンの利点がまだ一つありました。

スカトロの際に、色々なプレイを通して陰毛にうんこが絡まなかった事は個人的にだいぶ助かりました。

あぁ、今日は何だか「溜まってる」ので、恐ろしくマジな内容になってしまいましたね。

皆さん怖がらないでください。

かの有名なドイツの作曲家、ベートーベンも「勇気は汝を正しい道に導く」と教えてくださいました。

私もパイパンに勇気をもって正しい道に導かれたいです。

ついでにハゲのあなたも、勇気をもって正しい道に導かれてみては?

 

そういえばアンダーヘアにもカツラがあるらしいですね。

是非レビューとかやってみたい。

 

 

Twitterやってます。フォローお待ちしております♪

 

やはりパイパンは私の宝です。

今日はそんなお話でございました。最後までお付き合いいただきありがとうございました!